「月刊WATN」は、フロンターレ、クイズ、弁当、映画、旅など気になった物を掲載する毎月1日更新の個人ホームページです。
月刊WATN
Top
使い物 <<   >> クイズ
watn特集タイトル
 2021年4月1日更新 
今やカメラの量販店ではコーナーもあり、子供だけではなく大人も熱中するガチャガチャですが、同じように中におもちゃが入ったお煎餅があるのをご存知ですか?
歴史は古く江戸時代。山形鶴岡の徳川家譜代大名筆頭・酒井家が荘内藩として治めた城下町で「運徳煎餅」と呼ばれた煎餅で、丸い煎餅を三ヶ所から折り曲げて中に縁起物をいれてお正月に売られていてのが始まりとされている。と現在の製造元「宇佐美煎餅店」で説明書きがありました。
画面1 箱を開けると一つ一つカラフルなビニールに入ったお煎餅。中のおもちゃの種類によっては振るとカラカラって音がするんです。
どれがいいかなあなんて選ぶ楽しみもありますね。
画面2 中に入っている縁起物は民芸品やおもちゃなどいろいろで、その作りが細かい所まで実に手の込んだ仕事をしています。左のタコの骨組みは木。そして糸もちゃんと結んでいます。風に向かって上って行くと言う縁起が良いおもちゃです。
画面3 煎餅はしっかり3ヶ所が重なっていますので本当に割ってみないと中のおもちゃは解りません。かわら煎餅のような生地ですが、厚みがあるので食べごたえがあります。もちろん味はおいしいですよ。現代のガチャガチャは入っているカプセルはお店で回収ですが、中を楽しみながら外をバリバリ食べられるのがうれしいです。
画面4 割ってみるとあっと驚く民芸品も多くあります。これは手まりですね。一つ一つちゃんと和紙のような柔らかい紙で包んであるのです。割ってワクワク、紙を開いてワクワクです。
画面6 大きさを実感できるように指先に乗せてみました。小さいのにちゃんと糸を巻いて編み込んで作っているのがわかります。
カタログによると中に入れている民芸品やおもちゃの種類は150種類以上あると書いてあります。さすがに全て見ることはできませんが、なかなか楽しいお煎餅です。
今回は庄内の見どころやおみやげを紹介している庄内観光物産館の楽天ショップから購入しましたが、宇佐美煎餅屋ネット販売サイトからも電話やFAXでも注文できるのでご興味のある方はお試しあれ〜。
画面11

《宇佐美煎餅店》
山形県鶴岡市錦町10-10
0235-22-0187
FAX 0235-25-0187
https://www.karakara.co.jp/

からからせんべい 30個/箱入(個包装) 5,616円(税込)
送料         850円(税込)
-----------------------------
支払い合計     6,277円



ご質問やご感想はメールしてくださいね。
★月刊WATN★
Top
特集
使い物
レポート
ドアップクイズ
今月の弁当
リンク
ショップ