「月刊WATN」は、フロンターレ、クイズ、弁当、映画、旅など気になった物を掲載する毎月1日更新の個人ホームページです。
月刊WATN
Top
Top <<   >> 使い物
 2022年1月1日更新 
watn特集タイトル
コロナ感染が少なくなり、また増えてくる前に旅行に行こう!と、どこに行くかわからない「緋色の絶景ミステリーツアー」に参加してきました。
画面1 《1日目》当日までに知らさせているのは10時40分までに羽田空港第1ターミナル2階北ウィング18番カウンターで受付してください。とだけ。
ツアーは結構朝が早いのプランが多いのですが今回は楽でした。さて受付して渡されたチケットを見ると「大阪/伊丹」とありました。パンフレットでもしかして琵琶湖?と思っていたのでこれは当たりかも。
画面2 全席にカラー液晶テレビと電源コンセント、USB端子が付いているJALの新しい旅客機に乗ること約1時間、伊丹空港に到着。出口で出迎えてくれた練乗員さんに挨拶。さてお決まりの観光バスに乗ってさあミステリーツアーです。
添乗員さんは伊丹空港の周辺の事など話しながらバスは進むのですが、どこに行くのかは全く説明無しで紅葉が徐々にみえてくる山の方に進んでいくのでした。
そして到着したのは旧竹林院と日吉大社。目の前の紅葉がいい感じです。
画面1 ツアーと言うとあっちへこっちへと時間が無い感じで動き回るイメージがありますが、このツアーはじっくり散策。ひとつの観光地の滞在時間が長いのでのーんびり紅葉を味わえます。
そんな1日が終わり、今日のお宿に到着。そこは琵琶湖畔にそびえ立つ「びわ湖大津プリンスホテル」。これは豪華ですねえ。15階の部屋からは琵琶湖が一望で満足です。夜食はバイキング、コロナ対策ばっちりの小皿分けしていて安心でした。
画面2 《2日目》気持ちスッキリの起床で朝食は和定食。とても美味しかったです。
さて8:30にバスはホテルを出発。どこに行くのか本当に教えてくれません。到着したのは10円玉硬貨でおなじみの左右に広がる姿が美しい平等院。ここの紅葉と池と平等院はどこから撮ってもいい感じです。遠くて写真では解りにくいですが屋根の左右の鳳凰が金色に輝いていました。
画面1 さて次の場所はバスが近くに停められないのでバスを降りてから歩きです。京都の川沿いに約15分、橋など渡り到着したのは興聖寺。そこから少し坂になっているもみじのトンネルの参道を歩き到着。もみじトンネルも奇麗でしたが、ここでの一枚はこれ!庭のカエデの紅葉です。とっても奇麗でした。
さて来た道を歩いて橋を渡り、バスへ戻ると、その揺れに気持よ〜く睡魔が襲ってきました。少しお休みなさーい。
画面1 到着と同時に目が覚めると、大本山東福寺だ。ここは庭。「八相の庭」と言い南庭、西庭、来庭、東庭とそれぞれテーマがあり京都を感じさせる静けさの中の息遣いがありました。なかでも私が気に入ったのは南庭で巨岩、小白石、盛り土などで台地や八海を表現しているのです。動きは無いのに見ていても飽きないのは不思議です。
多くのツアーは2日目の昼食は付いていないのですが、今回は昼食付き。そこも「手まり寿司や京都ポーク」とだけ知らさせていて、どこかの団体専用の食堂かなと思っていたら街中のちょっと大きなビルの地下。階段を下ると夜は居酒屋なのかおしゃれなお店。席にはもう手まり寿司とポークや小皿が用意されていて美味しかったです。ちょっと量が私には少なかったなあ。
画面2 さて腹ごしらえも少しできたし、続いて到着したのは南禅寺。ここは見どことが沢山ありましたが、2時間サスペンスの告白の場面でおなじみ場所がありました。実はこれは橋の上が琵琶湖から水を引き込む水路になっている「水路閣」。南禅寺の景観に配慮して設計デザインされたアーチ型の橋脚。明治23年に完成したそうだ。
架空のドラマ風写真撮影も終わって次は永観堂禅林寺。どうも寺めぐりになっていますが、それぞれの紅葉は持ち味も違って圧巻でした。
2泊目のお宿はなーんと京都駅の目の前「みやこホテル」でした。ここの夕食も美味しかったし、朝は和食定食にして満足でした。ただ1泊目も2泊目も大浴場がなく、部屋バスだったので「温泉入りてー!」って心で叫びました。
画面1 《3日目》今日も8:30バス出発。まず到着したのは学問の神様を祀る北野天満宮。ここの紅葉はものすごくカメラをバシバシ撮りまくりでした。中でも右の写真は早めに落ちてしまった紅葉が一面に敷き詰められた紅葉じゅうたんの道。関東では見たことがありませんね。
画面2 コロナ禍と言う事で参加にはワクチン2回接種かPCR検査陰性証明と身分証明書提示などあり、検温、バス乗車時に手先アルコールやバス内で楽しみなもぐもぐはダメ、常時マスク使用など制約が多いツアーでしたが、見たかった琵琶湖や京都のお寺など紅葉の奇麗さとその絶景にとても満足しました。
画面2 北野天満宮を後にするとお昼です。今日はツアーには付いていませんのでどこで食べるかなあと思っていたら、なーんとバスが嵐山に到着。京都旅行の定番観光地ではありませんか。ラッキーです。しかも100分の自由時間。まずは竹林の小道。そして嵐山駅前を通り過ぎ、前から渡ってみたかった渡月橋をのんびり渡り京都を満喫。外国人観光客もいないし修学旅行生はいたもののほど良い人の多さ。添乗員さんお勧めの「おうすの里」で梅干しも買ったし、お昼の「笹屋」のカツ丼も美味しかったし、十分満喫しました。
そしてバスは伊丹空港に到着し、15:30発JALで16:40羽田到着でツアー終了しました。
==================
阪急交通社 トラピックス
「緋色の絶景ミステリーツアー」3日間
2021/11/29〜12/1
71,000円(税込)
==================

ご質問やご感想はメールしてくださいね。
★月刊WATN★
Top
特集
使い物
レポート
ドアップクイズ
今月の弁当
リンク
ショップ