「月刊WATN」は、フロンターレ、クイズ、弁当、映画、旅など気になった物を掲載する毎月1日更新の個人ホームページです。
★月刊WATN★ Top 特集 使い物 レポート クイズ 弁当 リンク ショップ
watn特集タイトル
 2018年11月1日更新 
箱根の強羅公園にあるクラフトハウスでは本格的な吹きガラスがありますが、もっと手軽なガラス工芸体験が箱根湯本駅の目の前にありました。
画面1 ◆材料とガラス枠
メニューからお皿やマドラー、写真入れなど作りたい物を選びます。私は写真入れです。
作業台にはピンセットと色とりどりの小さなガラスがいっぱい。まずはスタッフが4枚のガラス板を接着剤で着けて額縁にしてくれて作業開始です。
画面1 ◆自由にデザイン
出来上がりを考えながら色とりどりの細かいガラスの材料をおいてデザインを決めていきます。置くだけなのでこの色かあ?この形かあ?この場所かあ?と試行錯誤しながら並べて行きます。ピンセットで摘むのですがガラスなので慎重にしないと落ちちゃうので注意です。この時間が結構楽しいんですよ。
画面1 ◆接着剤で止めます
デザインが決ったらひとつひとつピンセットで取り接着剤を着けて元の場所に置き固定していきます。この接着剤は粘りが無くガラスを置いても簡単に動いてしまうので隣のガラスを取るときにここも慎重にしないとデザインが崩れてしまいます。
画面1 ◆体験はここまで
全部のガラスの接着が終了したら、全体を見てイメージ通りか確認して手直しです。接着剤の粘りが無いので焦ることなく動かせます。これでここでの作業は終了です。スタッフがトレイを持ってきて静かに乗せてくれて預けます。後は工房の釜で焼いてもらい、出来上がりを宅配で自宅へ送ってもらいます。
画面1 ◆自宅で作品が到着するのを首を長〜くして待つのですよ。
工房で専用の釜で焼いてガラスを溶かし、冷めるまで静かに待つのですー。
画面1 ◆完成して届きました
7日間待つとピンポーンと宅配が来ました。大きめの段ボールの完ぺきな梱包を開けると、「これは!」と感動です。ガラス枠と乗せたガラスが一体化して丸みをおびてとっても奇麗で素敵な出来栄えで満足しました。写真を入れるファイル入れも取り付けてありました。
画面1 ◆体験はここ
箱根湯本駅のホームから見えるバス乗り場のビルの3階です。
※前日までに電話予約で10%引きでした。HPはチェックですね
〒250-0311
神奈川県足柄下郡箱根町湯本706-36 湯本駅前菊川ビル3F
http://www.uetacraft.jp/
フォトフレーム 3,996円(税込み) 送料740円(税込み)

ご質問やご感想はメールしてくださいね。
★月刊WATN★
Top
特集
使い物
レポート
ドアップクイズ
今月の弁当
リンク
ショップ