「月刊WATN」は、フロンターレ、クイズ、弁当、映画、旅など気になった物を掲載する毎月1日更新の個人ホームページです。
月刊WATN
Top
Top <<   >> 使い物
 2021年1月1日更新 
watn特集タイトル
画面2 2020年11月14中村憲剛のフロンターレ引退会見から1ヶ月。川崎市中原区役所に14中村憲剛ののぼりが立ちなんでいると聞いたので区役所がある武蔵小杉へ行ってみました。
中原区役所前の広場にあるわあるわそこらじゅうに14中村憲剛ののぼり。よく見ると入団から今年の14中村憲剛が風に揺られていました。
この後12月にはもっと14中村憲剛が区役所に飾られてエレベーター扉にも14と書かれたようです。
画面2 そして東急武蔵小杉駅前のコアパーク建設工事囲いに入団から今年までの14中村憲剛ヒストリーが展示されているので行ってみました。
横幅20mぐらいの壁一面に2003年のオファー無しの初々しいドリブルする憲剛からジョニーニョとの出会い、2017年のJリーグ初優勝。そしてあの会見まで。。
ずっとずっとありがとう。
12月22日の中村憲剛引退セレモニーはチケット取れず、自宅DAZNでしたが本当に多くの人に愛されたんだなあと涙しました。
画面2 その憲剛の歴史を見て写真を取り終え、ふと振り返るとちょっと今までの武蔵小杉のこの周辺とは違う風景でした。マルエツから小さなビルが建ち並ぶエリアの再開発が完成したのです。ビル前にはテーブル席があるフランスを思い浮かべる(行ったことはありませんが)広場。目に入るのは大きな赤いモニュメント。「3rd」を形どっています。この建物は「Kosugi 3rd Avenue」言って「商業・業務」「公共公益」「住宅」の3つの機能を持つビルなのだそうです。そして住所も小杉3丁目ってのもあるんでしょうね。
画面2 場所はイトーヨーカ堂前ですので商業地域の真ん中におしゃれな広場がある感じですね。丸いテーブルがある広場の回りにちょっとした小道のようなベンチがある憩いのスペースもあり、今までのこのエリアを知っている人はきっと驚くと思いますよ。
画面2 そしてそのイトーヨーカ堂側の道の歩道には花壇のようなベンチがいくつも並んでいます。ここもパリの並木(行ったことはありません)って感じですかね。
都内の公園などはそこで寝られては困ると言う事からベンチも1人1人区切りがありますが、ここは心もオープンなスペースなので本当に腰掛けてリゾート気分にもなれるかも。
画面2 広場の横からエスカレーターで登りカフェテラスになっている2階、そして3階と上がり広場全体を撮ってみました。この空間って一等地の武蔵小杉で凄いと思います。
ホームページによるとこのSouth Park広場は正式にレンタルできて、イベントなどでも使用できるようです。Wi-Fiも完備されていてイベント電源設備も10.0KVA(100V用×2。、200V用×2)とあるのでキッチンカーを数台入れて飲食フェスタなんていうのもおしゃれに開催できますね。
画面2 憲剛ののぼりで取材にきましたが、武蔵小杉の再開発が進む中で思わぬ空間を見つけられました。武蔵小杉周辺の再開発は府中街道や中原街道などの拡張も進んでいますしもっと大きな街になっていくようです。
今回の場所は地図の赤丸です。
南武線北側も気が付けば新たに川崎市立小杉小学校ができ、日本医科大学武蔵小杉病院も奥に新しく建設中で、移転したその跡地にまた高層マンションが2棟建ち、駅前の小杉会館ビル横のNECビルと元エルシー跡地にもビルが建つ予定でまだまだ続く再開発ですがどんな街になるのか楽しみです。

ご質問やご感想はメールしてくださいね。
★月刊WATN★
Top
特集
使い物
レポート
ドアップクイズ
今月の弁当
リンク
ショップ